他言語: English

はじめに #

このガイドでは、Liferay Tomcat バンドルのセットアップと実行をお手伝いします。Liferay 初心者には Tomcat バンドルが 向いています。デモ以外の目的で Tomcat バンドルを使おうとしている場合は、ここで説明する手順をすませた後、データベースの設定7cogs サンプルデータの削除も行ってください! これは非常に重要なことです。行わなかった場合、データをすべて失う可能性があります。

システム要件 #

  • ハードウェア - 1GB RAM
  • Java 6 以降 (Linux または Mac の場合)。Windows ユーザは Java をインストールしておく必要はありません。JRE は同梱されています。

Java のインストール #

Ubuntu #

Linux ユーザは Java をインストールしておく必要があります。Ubuntu ユーザはターミナルで以下を入力すると簡単に Java をインストールすることができます。 sudo apt-get install sun-java6-jdk

他の Linux ディストリビューションを使っている場合は、お使いのシステムのパッケージマネージャで上記に相当するコマンドを探してください。

Mac OSX #

Apple Computer は独自バージョンの Java を供給しています。お使いの Mac に最新バージョンの Java が入っているか確認するには、「ソフトウェア・アップデート」の機能 (Apple メニューにあります) を使用します。

簡単な Liferay インストール手順 #

1) 使いたいバンドルを http://www.liferay.com/downloads/liferay-portal からダウンロードします。Tomcat バンドルがおすすめです。このガイドでも Tomcat バンドルについて説明しています。

2) パッケージを任意のディレクトリに展開します。

3) コマンドラインで以下を実行します。Open the command line and run:

Windows: C:/{directory}/liferay-{version}/tomcat-{version}/bincatalina.bat run

Linux/OSX: cd /{directory}/liferay-{version}/tomcat-{version}/bin./startup.sh }}}

Windows ユーザは、展開先のディレクトリで "startup.bat" をダブルクリックして実行することもできます。

4) Liferay が起動します。最近のコンピュータでも、30?60 秒以上かかる場合があります。

5) サーバのコンソールに以下のようなメッセージが表示されるとLiferayが立ち上がりました。

INFO: Server startup in 42950 ms

5) Liferayが立ち上がると、webブラウザがLiferayポータルで開かれます。もし立ち上がらない場合はwebブラウザからURLアドレス「http://localhost:8080」を開いてください。おめでとうございます、これで Liferayポータルが正常に起動しました!

次のステップ #

デフォルトのユーザ名とパスワード #

Liferay 5.2.x 以降、ポータルにサンプルデータが同梱されるようになりました。管理権限のあるユーザには以下の認証情報が設定されています。


  • メールアドレス: bruno@7cogs.com
  • パスワード: bruno

7Cogs サンプルデータ を削除した場合の、管理権限のあるユーザ:

  • メールアドレス: test@liferay.com
  • パスワード: test

Liferay 5.1.x までをお使いの場合の、管理権限のあるユーザ:

  • メールアドレス: test@liferay.com
  • パスワード: test ----

その他のドキュメンテーション #

インストールとセットアップオプションについてすべて調べるには、 公式ドキュメンテーションを確認してください。また、Liferay Portal の公式ドキュメンテーションである"Liferay Portal Administration Guide"も確認してください。

トラブルシューティング #

コンソール画面が文字化けする #

Liferayのバグのため、MS WindowsでLiferayを起動すると、開かれるコンソール画面の内容が文字化けします。この現象は

{tomcat-home}/bin/setenv.batの「set "JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -Dfile.encoding=UTF8」のencodingをShift_JISに修正することで直りますが、インポート/エクスポートする場合にエラーになりますので注意してください。

Liferay が起動しない #

startup.bat をクリックしても Liferay が起動しない場合、Java を見つけられていない可能性があります。メモ帳でファイル {tomcat-home}/bin/setenv.bat を開き、JRE_HOME が Java のインストール先を指すように修正してください。修正後の setenv.bat は以下のようになります。

set "JRE_HOME=C:\Program Files\Java\jre6"
set "JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -Dfile.encoding=UTF8 -Duser.timezone=GMT -Xmx1024m -XX:MaxPermSize=256m"

これで動いたら、Java のインストールが正常に行えているか確認し直してください。

サポート #

  • このガイドの説明でうまくいかない場合、フォーラムのInstallation / Deployment / Setupカテゴリを利用して、コミュニティによる無償のサポートが得られます。
  • あなたの組織のために専門サポートを受けたい場合は、高度なサポートの受けられる Liferay Enterprise Editionの利用を検討してください。

関連リンク #

0 Allegati
24708 Visualizzazioni
Media (0 Voti)
La media del punteggio è 0.0 stelle su 5.
Commenti