Liferayプレスリリース

ガートナー社のマジック・クアドラントで、Liferayは5年連続で水平ポータル市場の 「リーダー」に選出
Liferayの位置が向上し、ポータル市場においての競合との位置づけが明確に

米国カリフォニア州ロサンゼルス – 2014年10月6日発表 – Liferay Inc.は、オープンソースポータルソフトウェアのベンダーとして、ガートナー社により5年連続で世界の水平ポータル市場*のリーダーとして、ランキングされたことを発表しました。Liferayは、2010年に初めてリーダーとしてランキングされ、それ以降年々ポジションをさらに向上しています。

トップITリサーチ会社であるガートナー社は、ポータル市場に参加しているベンダーのビジョン完成度と実行力を総合的に評価し、ランキングします。詳細レポートはwww.liferay.com/gartner-mq よりご覧ください。

LiferayのCEOであるブライアン・チョンは、次のように述べています。「リーダークアドラント内で、Liferayのみが独立していてオープンソースの会社です。私たちのメインフォーカスは、最高のポータルプラットフォームを提供することです。ガートナーのこのレポートによって、私たちの取り組みに関して市場で認知されたものと思っています。デジタルマーケティングやウエアブルデバイスなどの新しいビジネスに、Liferayテクノロジーはいち早く対応していきます。」

Liferayの最新バージョン、LIFERAY PORTAL 6.2は、ポータル、コンテンツ管理、コラボレーション機能を備え、さらにモバイルアプリ、Webサイト、その他のインターフェースを素早く構築するサポートをします。結果、すべてのチャネルにおいて、利用者に一貫性そして継続性を保ったままご利用いただけます。モバイルデバイスからバックエンドシステムまで通した情報を統合して、顧客のニーズをより理解できます。

Liferay については、弊社のホームページをご覧ください。最新版LIFERAY PORTALの無償トライアルは、http://www.liferay.com/free-trial よりダウンロードできます。

*ガートナー「Magic Quadrant for Horizontal Portals」(著者: Jim Murphy、Ray Valdes、Gene Phifer、Gavin TayおよびMagnus Revang;2014年10月1日)


免責条項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価やその他の地位を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

ライフレイについて

Liferayは、オープンソースの企業向けポータルおよびコラボレーション製品のリーダー企業です。フォーチュングローバル500企業を含む、様々な業界の有力企業で採用されています。お客様には、アリアンツ保険、カルフール、シスコシステムズ、ダノン、ルフトハンザフライトトレーニング、ロレックス、シーメンス、ソシエテ・ジェネラル、トヨタや国連などが含まれます。有償のエンタープライズ向けサブスクリプションサービスの利用者には、緊急の修正対応、ソフトウェアのアップデート、24時間対応のカスタマーサポートなど、ミッションクリティカルなシステムに必要なサービスをご提供します。また、専門チームによる、システム構築やアプリケーション開発などのプロフェショナルサービスや各種トレーニングをご提供しています。

Liferay、Liferay Portal、および Liferayロゴは、米国およびその他の地域のLiferay, Inc.の商標または登録商標です。


お問い合わせ:
日本ライフレイ株式会社
〒150-8512東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
Tel: 03-5456-5796
Email: pr-jp@liferay.com
Twitter: Liferay



Liferayがイージフ社を日本初のプラチナパートナーに認定
~Web戦略の見直しに伴い、日本企業によるオープンソース製品の利用が増加~

2014年5月29日、 米国カリフォルニア州ロスアンゼルス –- 企業向けオープンソースポータルのリーディング企業の Liferay, Inc. は、株式会社イージフ(本社:東京都港区六本木、代表取締役 藤井健一郎)を、本日、日本国内における最初のプラチナパートナーに認定いたしました。イージフ社は、企業向けオープンソースソフトウェアを対象としたコンサルティングの先駆者として高い評価を受けている、優れた人材・知識・技術を備えたコンサルティングファームです。

「Liferayにとって、イージフ社のようなパートナーがいたことは、とても幸運だと思っています。日本法人を設立した当初から、日本市場におけるビジネスを積極的にサポートし、常に協力的に我々を成功へと導いてくれました。この2年のうちに、着実に売上を伸ばしながら、Liferayの認定資格を取得した優秀なエンジニアを数多く育成し、プラチナパートナーの認定条件をすべて達成してくれました。我々にとって、非常に信頼できる、最重要なビジネスパートナーです。」と、日本法人代表のブライアン遠藤は言います。

イージフ社は、2012年に日本ライフレイが設立する以前の2009年から、国内のLiferay Portalのお客様のサポート業務を一手に担い、豊富な製品知識と技術力に加え、コンサルティングファームならではの包括的なカスタマーサービスにより、多くのお客様から高い満足度をいただいています。Liferay製品の日本語化など製品開発にも携わっており、全世界約140社のパートナーの中でも、特に貢献度の高いパートナーとして認知されています。また、国内における唯一の認定トレーニングパートナーとして、Liferay専任講師による日本語のトレーニングを随時開催しています。

統合ポータルサイトの日本市場規模は、モバイル端末からのインターネット利用者の急増に伴い、今や一兆円規模に迫ると目されています。企業ポータルでは、今後さらにスマートフォンやタブレットなどと連携し、さまざまな方法でアクセスしてきたユーザーを必要な情報へ導き、パーソナライズされたインタラクティブなコミュニケーションができることが必須となってきています。早いスピードで変化を続けるビジネス環境の中、イージフ社は常に顧客の課題を解決し、変化を恐れず「進化させる」ことに取り組み続けています。

「私たちは、日本における世界的な企業オープンソースソフトウェアの需要と供給の成長を目のあたりにしてきました。」と、イージフ社Liferayテクノロジーリードの名倉照直氏は語ります。

「私たちは、日本でLiferayの最初のプラチナパートナーになったことを光栄に思います。エンタープライズレベルで安心して導入できる高い品質と拡張性を誇るLiferayポータルは、弊社のオープンソースビジネスにとって欠くことのできないプロダクトです。また、Liferay社とは正式なパートナーとなる前より協業させていただいていますが、営業面や技術面などさまざまな場面で力強いバックアップをいただき感謝しております。今後も導入コンサルティング、サポート、トレーニングのワンストップサービスにより、日本でのLiferay普及に貢献していきたいと思います。」

Liferayについての詳細は、www.liferay.com をご覧ください。

For moreイージフ社についての詳細は、aegif.jp をご覧ください。


株式会社イージフについて

aegifは、コストメリットの大きくまた高品質なオープンソースソフトウェアの普及を通じて、IT分野で企業の競争力強化を支援しています。 全世界で導入実績のある高品質な商用オープンソースソフトウェアを対象に、コンサルティング、導入支援、トレーニングなど様々なサービスを提供しています。


Liferayについて

Liferayは、オープンソースの企業向けポータルおよびコラボレーション製品のリーダー企業です。今日では、世界で最も利用されているオープンソースのポータルプラットフォームと位置付けられており、フォーチュン・グローバル500企業を含む、様々な業界の有力企業で採用されています。お客様には、アリアンツ保険、BASF、シスコシステムズ、ルフトハンザ航空、トヨタ、フォルクスワーゲン、セサミストリート、シーメンスや国連などが含まれます。有償のエンタープライズ向けサブスクリプション・サービスの利用者には、緊急の修正対応、ソフトウェアのアップデート、24時間対応のカスタマーサポートなど、ミッションクリティカルなシステムに必要なサービスをご提供します。また、専門チームによる、システム構築やアプリケーション開発などのプロフェショナル・サービスや各種トレーニングをご提供しています。


問い合わせ先

日本ライフレイ株式会社
〒150-8512東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
Tel:+81-3-5456-5796
E-mail: pr-jp@liferay.com



Liferay、モバイル向けSDKをリリース
ネイティブアプリのカスタム開発を高速化
~Liferay Portal 6.2のプラットフォーム上で、 モバイルアプリの開発を簡単にするツールキット~

2014年4月1日、 米国カリフォルニア州ロスアンゼルス発 ―――
企業向けオープンソースポータルを提供している Liferay, Inc. は、本日、モバイルソフトウェア開発キットを発表します。Liferay Mobile SDKはモバイル対応プラットフォームを目指すLiferayの公約の1つで、デフォルトでレスポンシブデザインに対応するLiferay Portal 6.2より対応が始まりました。Liferay Mobile SDKはモバイルの可能性をさらに1歩前に進めるもので、Liferay Portalの持つ独自の利点を、モバイルアプリ開発者にも提供するものです。

「お客様にどのように、モバイル革命をもたらそうかと考えることにワクワクしています。ビジネスのあらゆる側面にもたらすインパクトと、コミュニティへの影響は、まさに革命と言えます。」Liferay, Inc. のCEOブライアン・チャンは言います。「開発者はLiferay Mobile SDKを気に入ってくれるでしょう。スマートフォンからのみ得られる手軽さには、みんな貪欲です。モバイルアプリを素早く作るためのあらゆる機能群が、あなたのビジネスに多くの価値を付け加えてくれるでしょう。」

Liferay Mobile SDKはLiferay Portal 6.2と連携して動作するよう設計されており、Android、iOS といった主なモバイルアプリプラットフォームに対応しています。

Liferay Mobile SDKの主な特長は以下の通りです。

  • Liferay Portalに対する認証処理
  • 例外処理
  • リモートサービスコール
  • JSON解析
  • バッチコール(一括呼び出し)
  • 非同期呼び出し
  • テンプレートをベースにしたSDKの自動生成
  • Developer Studioとの統合
  • カスタムポートレットとの互換性

モバイルアプリを作る際にSDKを使用する、3つの主な理由があります。

  • ログインやエラー処理、モバイルから、またはモバイルに対しての コンテンツ設定、取得処理などの共通サービス
  • Liferayデフォルトのコンテンツや、連携機能をモバイルアプリ内で使用するため
  • モバイルアプリ内のカスタムオブジェクトや機能の統合

たとえば、CRMとLiferayを統合している企業が、顧客との取引記録を確認したり、各営業が閲覧権限に基づいて、それぞれの顧客情報にアクセスしたりといったインテグレーションが、Liferay Mobile SDKを用いればより簡単になることが分かります。

長期の展望として、ポータルを、顧客や従業員のニーズや好みを把握するための、モバイル機器からのアクセスやデータを集約するハブとして、使用してもらうことを期待しています。

「モバイルを最優先に考えています。」Liferay, Inc. のCTO、マイケル・ヤングは言います。「お客様がLiferay Mobile SDK を必要とする理由はほとんど同じです。同じコードをそれぞれのモバイルアプリのために繰り返し書き続けたくないということ、さらに、単一システム上で、システム統合を堅実に行いたいということです。ウェブサイトやポータルを簡単に開発するために、考え出したソリューションは、モバイルアプリ開発にもそのまま当てはめることが出来ます。」

Liferay Mobile SDKはEclipseプラグインとして公開されており、Liferay Developer Studio、 Liferay IDEまたは開発者の使用しているEclipse環境にもインストール可能です。
Liferay Mobile SDKはgithub.com/liferay/liferay-mobile-sdk/releaseからも入手できます。

以下のWebセミナーからLiferay Mobile SDKのデモをご覧いただけます。
http://discover.liferay.com/liferay-live-11apr2014

Liferay Mobile SDKの詳細は、以下をご確認ください。
www.liferay.com/community/liferay-projects/liferay-mobile-sdk


Liferayについて

Liferayは、オープンソースの企業向けポータルおよびコラボレーション製品のリーダー企業です。フォーチュングローバル500企業を含む、様々な業界の有力企業で採用されています。お客様には、アリアンツ保険、BASF、シスコシステムズ、ルフトハンザ航空、トヨタ、フォルクスワーゲン、セサミストリート、シーメンス、フランス国防省や国連などが含まれます。有償のエンタープライズ向けサブスクリプションサービスの利用者には、緊急の修正対応、ソフトウェアのアップデート、24時間対応のカスタマーサポートなど、ミッションクリティカルなシステムに必要なサービスをご提供します。また、専門チームによる、システム構築やアプリケーション開発などのプロフェショナルサービスや各種トレーニングをご提供しています。

Liferay、Liferay Portal、および Liferayロゴは、米国およびその他の地域のLiferay, Inc.の商標または登録商標です。


お問い合わせ:
日本ライフレイ株式会社
〒150-8512東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
Tel: 03-5456-5796
Email: pr-jp@liferay.com
Twitter: Liferay



Liferay Marketplace にアプリ販売(eコマース)機能が追加
アプリ開発者がLiferayユーザーへ直接販売可能に
Marketplaceにおけるeコマースは、Liferayアプリ開発者とLiferayユーザーに、
自由なワンストップサイトと豊富な選択肢を提供します。

2014年3月18日、 米国カリフォルニア州ロスアンゼルス —

企業向けオープンソースポータルのリーディング企業の Liferay, Inc. が、Liferay互換アプリのオンラインストア Liferay Marketplaceに、新たにeコマース機能を追加したと発表しました。これにより、Liferayアプリの開発者は、自身が開発したアプリを直接Liferayユーザーに販売することが可能になります。一方Liferayユーザーは、用途に応じたさまざまなビジネス アプリを、これまで以上に豊富なラインナップの中から選ぶことができるようになります。

2012年に開始した Liferay Marketplace は、Liferay互換アプリを開発、共有、販売、購入するための、ユーザーフレンドリーなワンストップサイトです。Liferay Marketplaceは、Liferay Portalのコンポーネントの一部として、世界50万以上のLiferayユーザーが、豊富なアプリケーションへ簡単にアクセスできる環境を提供しています。さらに、アプリ開発者は、Liferay Portalの広範なプラットフォーム全体に渡り、ソーシャルやコラボレーション、コンテンツ管理、インテグレーションなどのアプリやプラグインをLiferayユーザーに提供することができます。

「過去1年半あまりで、Liferay Marketplaceは著しい成長を遂げました。25ヶ国以上から600人を超える開発者が登録し、提供されているアプリケーションの数も5倍以上に増加しています。」と、Liferay, Inc. オペレーションディレクターのJohn Choi (ジョン チョイ)は述べています。「Liferay Marketplaceを次のステップに進めるには、アプリ販売機能は絶対に必要なものでした。これによりLiferayのアプリ開発者は、自身の専門技術から直接的に利益を生むことができ、Liferayのユーザー コミュニティは、日々生み出される豊富なアプリの中から、自身のビジネスや技術要件に応じたものをより見つけやすくなります。これからここで何が創りだされるか、非常に楽しみです。」

Marketplaceのeコマースには、アプリ開発者、パートナー、ソフトウェア開発会社が使いやすい、さまざまな工夫がなされています。

  • バンドル価格やディスカウントなど、アプリの柔軟な価格設定
  • ライセンスオプション - 標準ライセンス/開発者ライセンスなど
  • ライセンス期間 - パーペチュアルライセンス/年間ライセンス
  • ライセンス管理 - Liferay Portalのインスタンス単位/インストレーション単位
  • 消費税/VATなどの税制対応
  • 国・地域別販売施策の実施
  • アプリのメンテナンス(保守)サービスの販売
  • アプリの販売実績モニタリング

Liferay Marketplaceのお客様(Liferayユーザー)には、以下のようなサービスが提供されます。

  • 明瞭な決済プロセス
  • 簡単にライセンスの更新や追加が可能
  • 個人利用や業務向けなど、利用目的に合わせた購入が可能
  • アプリのアップデートの自動通知

昨年度のLiferay Marketplace App Contestの最優秀賞受賞者の、Liferayの公認パートナーArcusys社は、eコマース機能を待望していた多くのパートナーの一社です。同社が作成したe-LearningプラットフォームのValamisは、2,000回以上ダウンロードされているLiferay Marketplaceで最も人気があるアプリケーションの一つです。

「エンタープライズ向けアプリケーションの販売を行う者の一人として、このようなストアコンセプトの成功を強く信じます。eコマースの開始によりLiferay Marketplaceがさらに発展し、新しいビジネスチャンスが生まれることに、非常に興奮しています。」と、Arcusys 社の最高経営責任者、Jussi Hurskainen氏は述べています。「これまでにも、Liferay Marketplaceを通して、私たちのお客様のe-Learningプラットフォームに今後本当に必要とするものが何であるか、直に耳を傾けることができました」。

Marketplaceのeコマース機能の詳細については、www.liferay.com/marketplace/e-commerce をご覧ください。

また、Marketplaceで公開中/開発中のアプリの最新情報は、www.liferay.com/developer/marketplace をご確認ください。

ぜひ今すぐ、www.liferay.com/marketplace でLiferay Marketplaceをお試しください。


Liferayについて

Liferayは、オープンソースの企業向けポータルおよびコラボレーション製品のリーダー企業です。今日では、世界で最も利用されているオープンソースのポータルプラットフォームと位置付けられており、フォーチュングローバル500企業を含む、様々な業界の有力企業で採用されています。お客様には、アリアンツ保険、BASF、シスコシステムズ、ルフトハンザ航空、トヨタ、フォルクスワーゲン、セサミストリート、シーメンス、フランス国防省や国連などが含まれます。有償のエンタープライズ向けサブスクリプションサービスの利用者には、緊急の修正対応、ソフトウェアのアップデート、24時間対応のカスタマーサポートなど、ミッションクリティカルなシステムに必要なサービスをご提供します。また、専門チームによる、システム構築やアプリケーション開発などのプロフェショナルサービスや各種トレーニングをご提供しています。

Liferay、Liferay Portal、および Liferayロゴは、米国およびその他の地域のLiferay, Inc.の商標または登録商標です。


お問い合わせ:
日本ライフレイ株式会社
〒150-8512東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
Tel:03-5456-5796
Email: pr-jp@liferay.com
Twitter: Liferay



Liferay Announces Liferay Portal 6.2 at North America Event
Mobile-ready offering of leading enterprise platform adds key enhancements for flexible, engaging web experiences

LOS ANGELES, Calif. — (October 21, 2013) — Liferay, Inc., provider of the world's leading enterprise-class open source portal, today revealed Liferay Portal 6.2, a more refined, mobile-ready version of the company's flagship product. The new version helps enterprises execute their engagement strategy across channels and audiences by making it easy to create mobile-responsive websites that connect with users across every stage of the relationship lifecycle.

The announcement was made today at Liferay Symposium North America in San Francisco, where attendees are getting the first opportunity to experience Liferay Portal 6.2 with live demos on the floor and sessions tailored to highlighting key uses of new features. The new version will be available as part of the Liferay Portal Enterprise Subscription.

"Today's enterprises need to interact with their customers, partners, and employees through compelling, seamless experiences across several channels," said Bryan Cheung, CEO of Liferay. "Liferay Portal 6.2 is a modern, intuitive platform designed to help enterprises understand and reach their customers across mobile, web, and live contexts."

A key focus of the new release is supporting mobile websites and apps. Websites and content created with Liferay Portal 6.2 automatically display correctly on mobile devices, and site administrators can define rules to handle specific devices and families differently. Liferay also provides mobile device previews right from the interface so users can quickly see how pages look on smaller screens. Finally, a new Mobile App Software Developer Kit (SDK), currently in the works for 6.2, will help developers build custom native apps that incorporate Liferay Portal functionality such as collaboration applications or integrated back end systems.

Major highlights in the new Liferay Portal 6.2 include:

New Mobile Engagement FeaturesMobile readiness out of the box with responsive layouts, one-click mobile previews, mobile device rules, and a Mobile App SDK.

Improved Web Experience Management – Site Hierarchies for managing content and users across multiple sites; Application Display Templates, which allow developers to quickly customize the look and feel of applications; improved multi-language support for content, URLs, and applications.

Entirely Updated Modern User Interface – Twitter® Bootstrap-based theming for a slick, vibrant look and feel with instant access to the Bootstrap theme library; new Control Panel theme with streamlined site administration.

Portal Resiliency, Modularity and Security – Increased platform stability through portlet sandboxing for isolation of individual portlet components from the portal; greater modularity in Liferay Portal architecture with ability to manage multiple versions of libraries, share libraries across multiple plugins, and upgrade and rollback portlets from version to version.

Liferay Portal 6.2 will be available to the public in Q4 2013. For more information about the latest version of Liferay's award-winning technology, visit www.liferay.com/products or contact sales@liferay.com.

For more information about Liferay, please visit www.liferay.com.

 


About Liferay

Liferay, Inc. is a leading provider of enterprise open source portal and collaboration software products, servicing Fortune 500 companies worldwide. Clients include Allianz, BASF, Cisco Systems, Lufthansa Flight Training, Rolex SA, Siemens AG, Société Générale, The French Ministry of Defense, Toyota and the United Nations. Liferay offers Enterprise Edition subscriptions, which provide access to emergency fixes, software updates, 24/7 support SLAs, and subscription-only features. Liferay also offers professional services and training to ensure successful deployments for its customers. 

Liferay, Liferay Portal, and the Liferay logo are trademarks or registered trademarks of Liferay, Inc., in the United States and other countries.


Liferay, Inc.
Rebecca Cho
1-877-LIFERAY
pr@liferay.com
Twitter: Liferay




該当件数: 232 件中 1 - 5
ページごとのアイテム数 5
/ 47
Liferay Named a Leader in the Gartner Magic Quadrant for Horizontal Portals
Evaluation based on completeness of vision and ability to execute

LOS ANGELES – (October 1, 2013) – Liferay, Inc., provider of the world's leading enterprise-class, open source portal, today announced it has been positioned by Gartner, Inc. in the Leaders Quadrant of the Magic Quadrant for Horizontal Portals.*

Gartner, a leading information technology research and advisory company, placed Liferay in the Leaders Quadrant based on completeness of vision and ability to execute on that vision. Get the full report here.

"We believe our positioning in the Leaders quadrant confirms our success in equipping enterprises to engage their customers, partners, and employees across channels and contexts," said Bryan Cheung, CEO of Liferay. "Our upcoming launch of Liferay Portal 6.2 will add significant mobile experience capabilities to better meet those needs." 

Learn more about Liferay Portal at Liferay Symposium North America from October 20-22, 2013 in San Francisco. Attendees will learn about Liferay Portal 6.2 and benefit from sessions on mobile app development, responsive web design and mobile strategy, client case studies, and more.

For more about Liferay, visit www.liferay.com. To download a free trial of Liferay Portal 6.1, the latest version of Liferay's flagship product, visit www.liferay.com/free-trial.

*Gartner, Magic Quadrant for Horizontal Portals, Jim Murphy, Ray Valdes, Gene Phifer, Gavin Tay, 12 September 2013.

Disclaimer:

Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.


About Liferay

Liferay, Inc. is a leading provider of enterprise open source portal and collaboration software products, servicing Fortune 500 companies worldwide. Clients include Allianz, BASF, Cisco Systems, Lufthansa Flight Training, Rolex SA, Siemens AG, The French Ministry of Defense, and the United Nations. Liferay offers Enterprise Edition subscriptions, which provide access to emergency fixes, software updates, 24/7 support SLAs, and subscription-only features. Liferay also offers professional services and training to ensure successful deployments for its customers. Liferay, Liferay Portal, and the Liferay logo are trademarks or registered trademarks of Liferay, Inc., in the United States and other countries.


Liferay, Inc.
Rebecca Cho
1-877-LIFERAY
pr@liferay.com
Twitter: Liferay




ライフレイ、2年連続の2桁成長の業績を発表
企業ポータルのリーダーが、前年比50%超の売り上げ増を達成

2013年2月27日、米国カリフォルニア州ロスアンゼルス、— 企業向けオープンソースポータルのリーディング企業の Liferay, Inc. が、2012年度の好調な業績を発表しました。前年比50%超の売り上げ増に加え、ライフレイのユーザコミュニティおよびパートナー・エコシステムが世界中で継続した拡大を続けています。また、2012年の飛躍的な成長は、金融、医療産業、政府関係機関などの業界において顕著に見られました。

売り上げの多くは、ライフレイの主要製品である Liferay Portal EE (エンタープライズ・エディション)の販売が占め、既存顧客の良好な拡大成長と合わせて、数多くの新規重要顧客を得ることに成功しました。部門を超えた社内のコラボレーション・イントラネット、顧客や代理店などのビジネス・パートナー向けのカスタマーポータルなどの仕様事例が、特に医療や金融業界において、昨年1年を通し最も多くありました。

「オープンソースを積極的に活用している、世界中のお客様にライフレイのソリューションを提供し、こうしてまた、成功した1年の業績を発表できることをとても嬉しく思います。」「昨年の飛躍的な成長は、ライフレイのビジネス・プラットフォームとしての性能が、今日のエンタープライズが必要としている多様で広範囲のニーズに合致している証だと言えます。世界中で加速度的に広がるオンラインの顧客エンゲージメント、高度化するビジネスコンテンツと複雑化が進むビジネス・プロセス。変化を続けるビジネスに対して、進化を止めないライフレイの世界的成長は、2013年度も全く衰える兆しを見せていません。」と、Liferay, Inc. CEO(最高経営責任者)のブライアン・チェンは述べています。

昨年1年間に開設した、東京、ロンドン、パリおよび米国中西部地区の各拠点は、それぞれのマーケットのニーズに速やかに対応し、既に戦略的なビジネス・パートナーシップを築いています。Liferay U.K.は、カムデン・ロンドン特別区(London Borough of Camden)の有権者向けポータルを手がけ、Liferay Franceのパリオフィスは、Atos Origin社とパートナー契約を締結しました。また、APAC(アジア太平洋)では、大手の総合家電メーカーやテレコム企業が新たなお客様になりました。

ライフレイのオープンソース・コミュニティも、その会員数と活動内容を大きく成長させました。2011年に約56,000人だった会員数は、昨年末の時点で75,000人に達し、現時点では既に80,000人を超えています。急速に拡大を続ける、世界中の様々な地域のライフレイのユーザーグループは、昨年だけで新たに20のグループが生まれ、ライフレイ「エコシステム」がより強く活発なものになっていることを示しています。

ライフレイに関する詳細な情報は、Webサイトをご覧ください。

 

Liferay(ライフレイ)について

Liferayは、オープンソースの企業向けポータルおよびコラボレーション製品のリーダー企業です。今日では、世界で最も利用されているオープンソースのポータルプラットフォームと位置付けられており、フォーチュン・グローバル500企業を含む、様々な業界の有力企業で採用されています。お客様には、アリアンツ保険、BASF、シスコシステムズ、ルフトハンザ航空、フォルクスワーゲン、セサミストリート、シーメンス、フランス国防省や国連などが含まれます。

Liferay, Liferay Portal, and the Liferay logo are trademarks or registered trademarks of Liferay, Inc., in the United States and other countries.



####

問い合わせ先

日本ライフレイ株式会社
〒150-8512東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
TEL:03-5456-5796
e-mail:pr-jp@liferay.com



Grupo Caser confía en el software libre para actualizar su "intranet" que se utilizará en toda su red de oficinas y servicios centrales
A través de Liferay Portal, la plataforma Open Source más utilizada del mundo para la creación de portales Web, la compañía renueva su red de comunicación para ofrecer servicios online a más de 45 oficinas

MADRID, Spain — (15 de Enero de 2012) — Caser, uno de los principales grupos aseguradores en España, ha puesto en marcha una nueva versión de su intranet corporativa, utilizando Liferay Portal, la plataforma de código abierto más utilizada del mundo para la creación de portales Web.

El nuevo portal facilita el diálogo entre empleados, a través de espacios virtuales de participación activa (empresa – empleado/a, empleado/a – empresa, negocio – empleado/a, empleado/a – negocio, empleado/a – empleado/a), al tiempo que presta servicios de intranet a las compañías del grupo. El objetivo final de sus responsables es reforzar el papel de los empleados en el desarrollo de la organización, así como garantizar la disponibilidad de servicios online.

"Hoy podemos decir que Grupo Caser cuenta con una intranet moderna y eficaz, que presta servicios de calidad a nuestros empleados, y que además facilita la colaboración eficaz y fluida entre ellos", señala el director de E-Business, Alfonso Cartagena, responsable del proyecto.

La nueva intranet del grupo Caser va a permitir generar páginas web personalizadas para cada filial, que serán accesibles para empleados, partners, colaboradores y clientes, con la posibilidad de gestionarlas todas desde un único punto, de una forma tan sencilla que puede realizarlo cualquier empleado, sin necesidad de contar con conocimientos técnicos especiales. "Hemos creado un entorno de colaboración integrado, --subraya Antolín Tello, director de Organización y Arquitectura Tecnológica de Grupo Caser-- con espacios virtuales de comunicación, tanto verticales como horizontales, en función de cada necesidad, y accesibles para todos los empleados".

Liferay Portal es la plataforma de software libre código más extendida en el mundo para la generación de portales en Internet. En España, utilizan ya esta tecnología empresas como Telefónica, Pullmantur o Grupo Caja Rural; organismos públicos como la Comunidad de Madrid, el Gobierno de Cantabria o el Principado de Asturias; y entidades docentes como la Universidad Complutense de Madrid o la Universidad del País Vasco.

Grupo Caser ha utilizado la edición Enterprise de Liferay Portal, que complementa la tecnología con servicios profesionales de soporte, formación y consultoría, e incluye todas las herramientas necesarias para crear portales personalizados, crear diferentes perfiles de usuarios y diseñar diversos servicios de administración interna (reserva de salas, directorio corporativo, documentos, noticias, aplicaciones departamentales, etc.), aprovechando además las funcionalidades de la intranet anterior.

"Podemos, por ejemplo, crear nuevos foros u otros canales de relación y participación activa entre la empresa y los empleados", explica Alfonso Cartagena. "Vimos que Liferay Portal era la tecnología más adecuada y la que mejor se adaptaba a nuestros requerimientos, sobre todo en cuanto a las capacidades de gestión del portal, y en otros apartados, como la creación de entornos multi-site, la personalización del portal o las prestaciones de colaboración, así como por su capacidad multi-idioma, su facilidad de administración y, en definitiva, porque, con la funcionalidad estándar, esta plataforma cubría el 80 por ciento de nuestras necesidades".

Por su parte, la directora general de Liferay para España y Portugal, Carolina Moreno, subraya que "a la hora de elegir una plataforma Web para toda la organización, son muchos los criterios que decantan una decisión, pero entre los más importantes está, sin duda alguna, el soporte local. En nuestro caso, este soporte lo aporta un equipo de ingenieros españoles, lo que ha permitido a Caser poner en marcha un proyecto de esta magnitud, con la garantía de que es el propio proveedor quien ofrece el soporte", concluye.


Acerca de Grupo Caser

El grupo Caser cuenta con 70 años de experiencia en el mercado asegurador español. La compañía ofrece soluciones en todos los ramos: hogar, automóviles, salud, agrarios o vida, entre otros, atendiendo las necesidades de 3,5 millones de clientes a través de más de 15.000 puntos de venta en España, una amplia red de agentes y corredores y de acuerdos con otras empresas. Caser facturó 2.778 millones de euros en primas en 2011 y obtuvo unos beneficios de 133 millones de euros antes de impuestos. Al Grupo pertenecen otras empresas especializadas en la asistencia, como Caser Residencial, Caser Asistencia, y cinco centros hospitalarios en Extremadura e Islas Canarias. Para más información, visite: www.caser.es.

Acerca de Liferay

Liferay, Inc. es la compañía que lidera el desarrollo de Liferay Portal, la plataforma de portal líder en el ámbito Open Source, según reconoce Gartner en su Cuadrante Mágico. El producto está siendo utilizado por compañías de la lista Fortune 500 en todo el mundo, incluyendo Allianz, AutoZone, Benetton Group, Barclays, BASF, Cisco Systems, Société Générale, Lufthansa Flight Training, el Ministerio de Defensa Francés o Naciones Unidas. La filial española de Liferay Inc., Liferay España, ofrece servicios profesionales, soporte técnico en castellano, desarrollos a medida y formación profesional para garantizar el éxito en la implantación del producto en los más exigentes entornos. Para más información, visite: www.liferay.com


####

LIFERAY España

Francisco Fernández

Tel. +34 91 733 63 43

E-mail: francisco.fernandez@liferay.com