ユーザー中心に成長する社内システムポータル

透明性、コラボレーション、共有、そして権限の譲渡は、オープンソースの理念の核心です。 「オープンな作業環境」を採用することはビジネス活動をよりユーザー中心のものにし、革新的で拡張性のあるソリューションを迅速に開発できるようにすることなのです。
ニコラス・ファンジョ
インフォメーション・テクノロジー マネージャー

オープンソースの採用は、間違いなくエアバスにとっての最優先事項でした。

競争力の維持とは、作業の迅速化と、生産性の向上を意味します。工場の生産レベルを上げるためには、ITツールなどをより迅速に提供する必要がありました。 2015年エアバスはオープンソースへ移行し、ユーザー中心の新しいツールを導入しました。

チーム間のモチベーションと効率を上げるため、エアバスの航空機部門は、15以上存在するITSMツールを1つのソリューションへ統合することを決断。 豊富な機能とカスタマイズ性の高さが評価され、Liferayは10万人のユーザー(エンジニア、プログラマ、他)へ展開するセルフサービスポータルを構築するテクノロジーとして選ばれました。ポータルの目的は、ITサポートへの依存度を下げ、サービスデスクで受信するEメールとコール数を減らすことでした。

同社はモバイルアプリも開発。アプリではポータルと同じ機能とパーソナライズされたサービスが提供されています。

PDF版をダウンロード Case Study - EN
Having Trouble?
Oh no! Sorry about that. If you’re running into issues, we suggest you try:
  • Disabling your pop-up blocker
  • Clearing your browser’s cache
  • Disabling any plugins on your browser
  • Using an alternate browser
  • Updating your browser to the latest version
If you’re still having trouble downloading, please reach out to us on our Contact Us page. Thank you!