Liferayは6年連続でGartner Magic Quadrantのリーダーに。 詳細はこちら

ポータル機能

LIFERAY PORTALは、包括的なポータル機能を提供します。実用的な機能と先進的な機能がバランスを持って提供されます。使いやすいUIに加えて、コンテンツ管理機能、コラボレーション機能、ソーシャル機能が製品に含まれています。

Want to see more with the help of our inside sales team? Contact us to get a personalized demonstration of Liferay's features.

Request a Demo

容易なUI開発

LIFERAY PORTALは、社内用、社外用、チャネル用など、各種のWebサイトの開発を容易にします。特に、ログインしてパーソナライズされたサービスやビューを使うWebサイトや、コンテンツのアップデートに対するワークフローによる承認機能や、既存の複数のサービスを統合するようなWebサイトにとって有効です。LIFERAY PORTALはすべてのエンタープライズシステムをエンドユーザ向けの使いやすい一つのインタフェースに統合する単一のプレゼンテーション層を提供します。

フレキシブルなエンタープライズ統合フレームワーク

LIFERAY PORTALはユーザや管理者や開発者がバックエンドやレガシーアプリケーションのコンテンツやサービスを統合するための中心となる、プレゼンテーション 層を提供します。Liferay独自のAPIえおはじめ、SOAP、REST、RSSなど複数のメソッドの統合をサポートしています。

Out-of-the-boxツール

LIFERAY PORTALはすぐに利用できるポートレットを数多く提供しています。60以上のポートレットを選び、自分の環境用にカスタマイズすることができます。 LIFERAY CMSやLIFERAY COLLABORATIONも含まれ、Web配信やコンテンツ管理、コラボレーション、ソーシャルネットワーク管理機能が提供されています。

セキュアなシングルサインオン(SSO)

LIFERAY PORTALはコンテンツやアプリケーションを1カ所に集約します。セキュアなSSOを介してログインを一度すれば、異なるシステムの情報をすべて利用することができます。

カスタムフィールド

管理者はデータベースの変更なしに、LIFERAY PORTALに対して直接、ユーザ属性(名前、会社、日付など、システムでトラックしログを取る必要のあるすべての情報)のカスタマイズや編集や追加や変更が行えます。

この機能は、ページ、Webコンテンツ、ブログエントリ、ドキュメント(およびそのフォルダ)、画像(およびそのフォルダ)、ブックマーク(およびそのフォルダ)、フォーラムのメッセージ、カレンダのイベント、Wikiページをサポートします。

また、Liferayは開発者が自分のカスタムポートレットで独自のエンティティ用のカスタムフィールドをサポートするために利用できるフレームワークを提供しています。

ルールエンジンの統合

Droolsによる高度なパーソナリゼーションは、「状況に応じたパーソナリゼーション」、つまり、ユーザのロケーションやアクティビティや自分で定義したプロフィール属性などに基づいてユーザがコンテンツや機能を指定することを可能にします。

ユーザグループ, 組織, サイト

Liferayユーザに対して、現実の組織と同様に、階層的な「組織」や、階層横断的な「ユーザグループ」を設定することができます。これによりユーザ管理が容易になります。

例えば、アメリカおよびヨーロッパ・中東・アフリカなど様々な場所に位置するメンバーは複数の組織にそれぞれグループ化される一方、「Webサイトの再デザイン」などは、プロジェクトベースまたは部門ごとのチームはユーザグループとしてまとめることが可能です。Liferayは「サイト」という概念を提供しています。組織とユーザグループはサイトに属し、固有のページやコンテンツ管理システムや共有カレンダや認証などのWebプロパティが付与されます。ユーザは複数のサイトに属しますが、サイト間は簡単に移動できます。

SOAフレームワーク

LIFERAY PORTALはオープンソースのSOAストラテジにしたがって開発されているため、エンタープライズアプリケーション統合に関して、世界中の企業から選ばれていいます。重要な情報を扱っている、既存のHR、会計、販売システムなどを統合するごとができます。

パーソナルユーザページ

すべてのユーザはパーソナルページを持ち、ユニークなURLのWebサイトとして公開することも非公開にすることもできます。スペースのデザイン、表示するツールとアプリケーション、ドキュメントライブラリの内容、参照権のあるユーザなどすべてカスタマイ ズすることができます。

ロールベースのコンテンツ配信

LIFERAY PORTALは、複数のユーザタイプに対して、そのユーザロールやグループや組織や各人の設定に応じて、単一のURLへのアクセスと、ユニークなページビューを許可します。管理者によるコントロールやユーザによるカスタマイズが可能です。LIFERAY PORTALでは、コンテンツやファイルやコミュニティやアプリケーションを誰が編集・パブリッシュできるかなど、エンタープライズなコンテンツポリシを決定するための中心となるプラットフォームが提供されています。

シングルクリック設定

LIFERAY PORTALのインタフェースは反応が良く速いため、組織の誰もが簡単に楽しんで使うことができます。ページレイアウトの変更、新しいアプリケーションや コンテンツの追加、ルック&フィールの変更といった典型的に時間のかかる作業が、ページを更新することなく数クリックで行えます。

動的なドラッグ&ドロップ

LIFERAY PORTALはこの機能を備えた初めてのポータルです。ユーザは単に目的の場所までドラッグ&ドロップするだけでポータル周りの様々な項目を移動することができます。

ワークフローのフレームワーク

LIFERAY PORTALは、ワークフローAPIを通じてユーザ自身のカスタムポートレットに対してワークフローを設定できます。これにより、以下の効果が期待されます:

  • より良いユーザエクスペリエンスがもたらされる
  • ワークフロー管理ツールの再利用により開発チームの手間を省く
  • サポートされているすべての種類のワークフローエンジンをシームレスに統合する

ユーザドリブンなワークフロー&承認機能

コンテンツ用に埋め込まれているワークフローだけでなく、独自のワークフローを作成し、固有のビジネス要件と作業の必要性に基づいた承認パスを定義することもできます。

例えば、管理者は、新規ドキュメントがドキュメントライブラリにアップロードされる前に新しい承認プロセスを実装することができます。

監査&パフォーマンスモニタリング

ポータルのパフォーマンスを管理者が監視する作業を助けリソースを最適化するために、LIFERAY PORTALでは管理者はすべてのポートレットやポータルページに関するキーパフォーマンス統計(ヒット数/ページ、平均時間/ヒット、最大時間/リクエストなど)にアクセスできます。その一方でポータル監視機能により管理者はポータル内でのユーザアクティビティを追跡し管理することができます。

LIFERAY SYNCによるデスクトップからのアクセス

LIFERAY SYNCにより、LIFERAY PORTALでの作業と自分のデスクトップでの作業がシームレスになります。LIFERAY SYNCはローカルデスクトップをドキュメントライブラリに自動的に同期します。

ローカルファイルでの変更は自動的にドキュメントライブラリにアップデートされます。

検索とタグ付け

Webコンテンツ、ドキュメント、掲示板のスレッドなどにタグを付け、重要なコンテンツや興味深いコンテンツを他のポータルユーザと動的に共有することができます。

ユーザは、ポータル全体、コミュニティ内、Wikiや掲示板などの特定のポートレット内の必要な情報を検索することができます。

 

多言語対応

30の言語に対応し、国際企業や多言語企業でも使用することができます。1クリックで言語の設定を切り替えることができ、また、簡単に言語を追加することもできます。

OpenSocial

OpenSocial1.1をサポートしており、開発者はWebサイトにソーシャルな機能・次元を追加できます。また、ユーザはOpenSocialにより、ガジェットから構成されるWebベースのソーシャルアプリケーションをページやサイト上で直接管理・デプロイできます。