Liferay Screens

迅速なネイティブアプリ開発を実現

LIFERAY SCREENはネイティブモバイルコンポーネント集で、LIFERAY PORTALの機能をエンタープライズ級モバイルバックエンドとして利用できます。

LIFERAY SCREENが好まれる理由

100%ネイティブで、iOSやAndroidのために構築

Android StudioやXcodeと完全互換

全てのコンポーネントは再利用、テーマ化、拡張可能

カスタムバックエンドとすぐ接続可能

標準機能でも優れた
デザイン

100%オープンソースで、
LIFERAY PORTALとの
連携も標準登載

ビジネスにおける利点

全てのチャネルにおいて、一貫した体感を提供

Webサイト、ポータル、イントラネットをモバイルへ拡張

モバイルプロジェクトにおけるROIを向上

開発サイクルの高速化とコンポーネントの再利用

開発者向け学習曲線を降下

コンポーネンツとLIFERAYが、バックエンドで即接続

LIFERAY SCREENは、ビジネスおよびコンシューマ環境で成長している2つのトレンド、LIFERAY PORTALとモバイルデバイス、を統合する、LIFERAYプラットフォーム上の新たなる突破口だと言える。

モバイル開発担当
Salvador Tejero氏

LIFERAY SCREENとその他のモバイルソリューションとの違いは、ネイティブ環境にフォーカスしているかどうかだと思う。高品質で高パフォーマンスのアプリを提供するためには、ネイティブテクノロジーが必須です。LIFERAY SCREENは、LIFERAYのプロジェクトとの作業を容易にします。

モバイル開発担当
Nazaret Helices Pérez氏

iOSの場合

1. コピー
以下のコードをPodfileに追加してください。
source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '8.0'
use_frameworks!
pod 'LiferayScreens'
2. 実行
「Pod install」を実行し、LIFERAY SCREENをダウンロードしてください。
3. 追加
ポータル設定で、configファイルをプロジェクトに追加してください。

Androidの場合

1. コピー
以下のコードをGradleファイルに追加してください。
dependencies {
    compile 'com.liferay.mobile:liferay-screens:+'
}
2. 同期
Gradleファイルを同期し、プロジェクトを起動してください。
3. 追加
ポータル設定で、configファイルを"Value"フォルダに追加してください。
インストールと設定に関しての詳しい情報が必要ですか?
詳細はこちら(英語)

追加情報

LIFERAY SCREENですばらしいAndroidアプリケーションを開発

Webinarを視聴(英語のみ)

ドキュメントとチュートリアル(英語のみの提供)

iOS Android

よくある質問

FAQs

自分のコンポーネントは作成できますか?

もちろん! 自分のスクリーンレットは簡単に作成できます。各ステップを詳細に説明したガイドも提供しており、iOSAndroid上でLIFERAY APIまたは自分のAPIをコンポーネントから呼べます。
* リンク先は英語のみです。

問題があった場合は、どうすればよいですか?

バグや改善点があった場合、JIRA でチケットを発行してください。プロジェクトにアクセスするには、まずログインする必要があります。後ほどSCREEN担当者より連絡があります。

LIFERAY SCREENは、既存のアプリと互換性はありますか?

はい! LIFERAY SCREENはAndroidまたはiOSライブラリと同等の動きをします。(CocoaPodsやJcenterでも提供しています。)アプリで利用しているその他のライブラリと両立できます。

LIFERAY SCREENのコンポーネントは100%ネイティブですか?

はい! AndroidとiOS版のLIFERAY SCREENは100%ネイティブで、最高のパフォーマンスとユーザ体験を届けます。多くのユーザは、最高の体験を提供するためにネイティブアプリケーションを構築することを選ぶため、ネイティブSDKを提供することが最優先でした。

自分の好みのIDEやツールは利用し続けられますか?

LIFERAY SCREENは、Android StudioやXcodeのような標準ツールと使えるライブラリです。既存のプロジェクトにも統合できます。Androidの場合、Eclipse ADTを使ったり、Gradle有/無で手動コンパイルでも問題ありません。Libフォルダで、コンパイルされたAARを使ってください。

Objective-CがあるiOSプロジェクトと、LIFERAY SCREENを利用できますか?

はい。iOS向けLIFERAY SCREENはSwiftで書かれていますが、Objective-Cとも完全互換性があります。

Dependency Managerを使って、ライブラリをインポートできますか?

もちろんです。Androidの場合はGradleもしくはMavenを使えます。iOSの場合はCocoaPodsを使えます。

LIFERAYの全ての機能を、スクリーンレットとして提供していますか?

残念ながら、まだです。現在提供している機能はここに記載されています。(英語のみ)

既存のスクリーンレットをどのようにカスタマイズできますか?

そのためのガイド(英語版 があります。既存の動作を拡張するまたは上書きすることもできますし、UIもカスタマイズできます。

既存のスクリーンレットを、LIFERAYバックエンドではないものに搭載できますか?

はい。バックエンドに依存しないようにアーキテクチャはデザインされています。よって、既存のスクリーンレットで、既存のUIを使い、LIFERAYではないカスタムバックエンドへアクセスするロジックを適応できます。