LIFERAY PORTAL EE版ライセンス

LIFERAY PORTAL EE版ライセンス

コミュニティユーザや開発者をターゲットとした、GNU Lesser General Public License(LGPL)のバージョン2.1(詳細はこちら)に基づいた
LIFERAY PORTAL コミュニティ版(CE版)に加えて、企業で使用することを目的としたEE版を提供しています。EEのライセンスは、ライフレイのソフトウェア利用許諾契約に基づいています。*

このデュアルライセンス形態は、ライフレイのLIFERAY PORTALをオープンソースプロジェクトで管理する方法によって実現されます。CE版とEE版の両方は、同じオープンソースがベースで、コミュニティによって開発されたソフトウェアプロジェクトです。ポータルのコアレポジトリに格納されるソースコードは、ライフレイのソフトウェア開発者およびコミュニティ貢献者が提供しています。コミュニティ開発者から提供されるコードは全て、ライフレイの厳しい品質基準審査を通過しなければなりません。そしてコード提供者は、作成したコードをライフレイにライセンス提供または帰属します。その結果、精密に管理されたコードベースと、コミュニティユーザや企業のお客様両方にとってベストな方法でLIFERAY PORTALをパッケージ化しライセンスする自由度を得ました。

LIFERAY PORTAL EE版はCE版に比べて、企業の基幹業務での利用を念頭においています。まずEE版は、強固でより安定しており、正式にサポートされたポータルソフトウェアプロジェクトのビルドです。また、コンプライアンス準拠と危機管理を重視する企業の場合、オープンソースライセンスの準拠と管理は重要です。プラットフォームやフレームワークとして利用されるポータルは、ユーザ自身のコードで組み込みや拡張できるため、オープンソースライセンスの形態によっては、無意識に不正な利用がされている場合もあります。これらの懸念事項に対応するため、ライフレイはEE版を上記にあるようなデュアルライセンスモデルで提供しています。このアプローチは、エンタープライズ向けユーザにおけるオープンソースライセンスのコンプライアンスや管理にかかるコストや負担を著しく緩和します。LIFERAY PORTAL EE版では、必要なソリューションにカスタマイズする自由と、知的所有権の制御が得られます。

オープンソースの価値を守るため、エンタープライズ・サブスクリプションにご契約いただいているお客様には、サブスクリプションサービスの一環としてLIFERAY PORTAL EE版のソースコードにアクセスしていただけます。これらには、全てのアップデート、アップグレード、セキュリティパッチ、サービスパックなどが含まれています。

最終的にこのデュアルライセンスのアプローチは、常に最先端技術を利用しながら、規格に準拠しているオープンソース開発ソフトウェアを得られます。そして、LIFERAY PORTAL エンタープライズ・サブスクリプションの一部として提供されるため、オープンソースライセンスのコンプライアンスおよび管理のリスクおよび煩わしさを削減できます。

り詳細な情報、LIFERAY PORTAL EE版のソフトウェア利用許諾契約は、www.liferay.com/legalに記載されています。

* エンタープライズ・サブスクリプションご契約のお客様は、LIFERAY PORTAL EE版およびEE版用アプリやアドオンへアクセスできます。

輸出管理規制(EAR)

以下の情報は、ライフレイ製品使用者がライフレイのソフトウェア製品を輸入、輸出、再輸出する際に関わる輸出規制法を説明したものです。この情報は、米国輸出管理規制(通称EAR)や他の米国やその他の国の輸出法に取って代わるものではありません。

ここに記載されている情報は、「現状のまま」にて提供され、かつ、それが正確であるか、または完全であるかに関し、いかなる明示または黙示を問わず、ライフレイは全ての保証を否認します。ここに記載されている情報に関して、ライフレイに問い合わせず使用した場合、自己責任になります。情報をどのような目的でも利用もしくは信頼した結果、直接的、間接的、結果的または付随的に起こった損害その他に関しても、ライフレイは一切責任を負いません。

ライフレイ製品を輸出する場合、米国商務省の産業安全保障局およびEAR、そして米国やその他の国の輸出法に応じる責任があります。使用予定者や実際の使用者、使用場所、目的地全てにおいて、その国の輸出規制法が関わる場合があり、輸出ライセンスが必要になる場合もあります。

輸出管理分類番号

輸出管理分類番号(Export Control Classification NumberまたはECCN)とは、米国商務省産業安全保障局が使用している規制品目リスト(CCL)で、輸出管理のためにアイテムを識別する英数字分類です。

LIFERAY PORTAL EE版は、ECCN 5D992.c.と分類されており、15 C.F.R. § 742.15(b)(3)に則って輸出できます。

ECCNに関しては、予告無くして変更されることがあります。どんな形であれ、ライフレイ製品に変更を加えた場合、この分類は無効になります。ライフレイ製品や変更されたライフレイ製品を輸出する場合、輸出管理法やその他の規制に遵守する責任は、すべて輸出者にあります。

輸出管理規制

ライフレイのソフトウェア(ソースコードや実行可能なコードフォーマット)とライフレイ技術(技術データや技術支援)は、直接または間接的にEARパート740補足1のE:1グループに記載されている国々には輸出または再輸出は禁じられています。規制地域はのリストは、変更の可能性もあります。

また、ライフレイのソフトウェアや技術は、直接的または間接的に米国政府より輸出に関わったため制裁された人物や組織に対し、輸出、再輸出、譲渡が禁じられています。制裁された人物/組織とは、米国財務省外国資産管理局(OFAC)の制裁者リストや米国商務省の取引禁止対象リストまたは未確認リストの個人または組織などが含まれます。

そして、ライフレイのソフトウェアや技術は、直接的または間接的に核兵器、ミサイル関連技術、または化学/生物兵器の拡散で使用されるために輸出、再輸出、譲渡が禁じられています。